アクセス解析はサイト運営の必須事項

公開日:2014年1月9日
 最終更新日:2014年1月25日

アクセス解析とは、どんな人がどこからサイトに訪問しどんな行動をしたのかを調査することです。アクセス解析を行なうことでサイトの状況を把握することができ、サイト改善に役立てることができます。

サイト改善のヒントを得る

アクセス解析を行なうことでサイト改善のヒントを得ることができます。例えば、アクセス解析ではどの記事が人気があるのかがわかります。その情報に関連する記事を追加すれば、ユーザーがサイト内を回遊するようになりページビューが増えるでしょう。

また、重要コンテンツと位置づけているのに、アクセス解析であまり読まれていないのがわかれば、他のコンテンツに力を入れるのが良いかもしれません。

その他にアクセス解析の結果から商品ページごとのアクセス数も把握できます。アクセス数が多いのに売れていない商品は、商品に魅力が無いのかもしれません。また、アクセス数が少ないのによく売れている商品は、力を入れて宣伝することでさらに売り上げが伸びる可能性があります。

手に入れられる情報

アクセス解析で手に入れられる情報には次のようなものがあります。これらの情報はいずれもサイト改善に役立つとても重要な情報です。

訪問者数、総ページビュー数、訪問別ページビュー

サイトにアクセスした訪問者の数、読まれたページの数、一人あたりの読んだページの数などを知ることができます。

ユーザーの属性

どの年齢層がどのくらいの訪問しているのか、男性と女性の訪問者の比率、ユーザーの興味を持っているカテゴリなどを知ることができます。

ユーザーの環境

どの地域からアクセスしているのか、使用している言語はなにか、使っているブラウザやOSはなにかなどを知ることができます。

ユーザーの行動

ユーザーがどこからサイトにアクセスしてきて、どのようなページを呼んでいったのかを知ることができます。

検索キーワードや人気コンテンツ

ユーザーがどんなキーワードでサイトにアクセスしたのかを知ることができます。また、よく読まれているのはどのページで、全く読まれていないのはどのページなのかを知ることができます。


この他にもアクセス解析で知ることのできる情報はたくさんあります。それらについてはこちらで解説しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ