レポートの基本構成を把握する(ディメンションと指標)

公開日:2014年1月15日

Google Analyticsでは様々な項目が確認できますが、それらのほとんどは下図のような表形式でデータを確認できます。この表は①ディメンションと②指標で構成されています。

ディメンションは解析の対象となる項目であり、それに対する様々な指標からサイトの状況を分析していきます。

metrics_and_dimensions01

レポートの右上のボタンでデータの表示形式を円グラフや棒グラフに変更することができます。表示を変えることで見えてくることもあるでしょう。

metrics_and_dimensions04

レポートでは、もう一つ解析項目(セカンダリディメンション)を追加することができます。

metrics_and_dimensions02

セカンダリディメンションを追加すると、指標のデータをもう一段階細かく表示させることができます(二軸集計)。下の図の場合、2行目と3行目の「/howtocreate」のページがGoogleとYahoo!に分かれて表示されるようになりました。

metrics_and_dimensions03

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ