ユーザーの環境を調べてサイト設計に活かす

公開日:2014年1月15日

「ユーザー→モバイル→サマリー」では、ユーザーの利用環境を把握することができます。

environment01

ユーザーの利用環境は様々です。時間と人手に余裕がなく全ての環境に対応するのが難しい場合は、もっとも利用者の多い環境に合わせるのもひとつの手です。ただ、今後はスマートフォンの利用が伸びるでしょうからレスポンシブデザインを導入するなどの対応は必要だと思います。

environment02

さらに利用環境毎のブラウザやOSなどの情報も絞り込むことができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ